不動産 賃貸 売買 松戸市

センチュリーホームサービス 不動産 賃貸 売買 松戸市
住まい探し 不動産 松戸市
あなたに合った       住まい探しのご提案
地域情報
よくある質問Q&A
賃貸・売買物件情報
賃貸物件検索
売買物件検索
お問い合わせの流れ
住宅ローンとは?
お知らせ情報
不動産コンサルティング
リフォーム
保険
家を貸したい方へ
家を売りたい方へ
過去の片言録
センチュリーホームサービス会社案内 不動産
会社概要・アクセス
代表挨拶
ご相談窓口
リンク集
センチュリーホームサービス 賃貸 不動産売買
不動産 賃貸 売買 千葉県 松戸市
   過去の片言録

代表の片言録

2021年3月
春の行事もコロナに負けて、花見のやれない満開の桜。
カメラで狙う人のさびしい姿。
はれて隣人と笑顔かわす時まで、自制、自重、我慢の日々を重ねるかァ。
泰然自若の心境に至らぬ身には、少々長いな・・・。

時は巡り、延期のオリンピックも聖火リレーがスタートいた。
走者の中、君原健司さんが円谷さんの遺志を継ぐように、トーチを繋いだと。
ライバルであり、親友であった円谷選手の競技に向かう直向きさが、
不幸な結果につながったとの思い。

オリンピックに向かう姿勢は、恩師織田幹男先生が涙ながらに話して下さった授業を思い出しました。
期待に応えるべく練習に励む中、故障からの回復が叶わぬ事への情けなさ、
申し訳なさへの思いのあまりの結果だと。

開会式までの残りの日数を数えながら祈りましょう。
コロナ禍克服の象徴となるべく、東京オリンピック!

2021年2月
節分を終え、春一番の風も吹き、なれどコロナ自粛は延期となったこの春。
外出自粛は町の灯を消し、うっぷん晴らし、気晴らしは何処へ持っていくのか。

オリンピックはどうなる事やら。
マスコミ・野党は挙って森叩きにあげて、世界的制裁を煽るがごとき振る舞い。
本音でしゃべる森さんの本領を知り尽くしたうえでの、言挙げは如何なものか。
女性枠の増加配慮は世界の潮流、発言に捕捉加除して森氏をサポートする御仁はおられぬよう。
森さんはこれまでにも舌禍にまつわる事件は有りましたね。
しかし今回は、オリンピックの開催決定如何にかかわる大事な時期、世界の反応足るや、かくの如し。
終息は如何に。

コロナ対策の不備はわが故郷秋田の、冬季国体スキーの中止に及んだ。
医療体制が整わないとの、県・市の申し出によるとの事。
鹿角市(花輪スキー場)は、十和田・八幡平国立公園の中心で、
旧南部藩の領地だったことから、病院、医院の医師の構成は、
岩手(盛岡)青森(弘前)との縁が深く、秋田市からは外れの感がある。
直近は大館になるが、幸いにも高速道路は、
盛岡、弘前とも一時間圏で日常は難なく機能しているが、
国体開催となると県の意向が災いしたかな。
高梨サラちゃんのサマートレーニングのジャンプ台は、寂しそう。

令和3年2月8日

2021年1月
新年あけましておめでとうございます。

緊急事態宣言が出されて、2月7日までの飲食店営業時間制限と
GOTOトラベルの棚上げがされての年明けに、
禁足令と集会制限、時間規制と続いては、地元商売あがったりの様相。
年始の都内繁華街は、35%減の人出とか。

郊外で人目をはばかるお店は、夕方6時にシャッター半空き。
都心から帰る勤め人が駅を出るころは、イルミネーションだけが輝いている。
そんな街に誰がした。コロナ恐るべし。
此の後コロナとどう付き合うか?

ワクチン出来ても生活習慣は戻れない。
寄るな、集るな、集めるな。
話すな、触るな、渡さない、ではどうして商売できるのか。
情報扱うだけが商売ではないだろう。我慢の限界もいつかは切れる。
隣近所とのコミュニケーションだけは切らさず、災害に備えつつ、
疫病対策も怠らずに乗り切って行きましょう。

令和3年1月10日

2020年10月
ぐずぐず、もぞもぞ行く先不明の14号台風が、本土上陸なしにホッとするも、
一気に秋が深まる陽気になるか。
金木犀の香りは心なしか遠慮気味。

雨上がりの舗道はそれでも黄金のじゅうたん、垣根はどうだん紅葉に染まりかけ。
朝はエアコン暖房切り替えと一気に衣替えとなりました。
11月には、ホワイトハウスが何色になるか、コロナに負けたくない主の意思を国民は如何に判じるか?

本邦を取り巻く北の国も、西の国も、南の国も、
その後の体制次第で要求圧力をかけようと、虎視眈々。
日本も防衛、防御姿勢を明確にして、既成事実を重ねられない様心して

GO TOキャンペーンを契機にして、経済活性化もよし。
望むは、リアルの人の交流の機会の復活、スポーツ、芸能、
地域行事の再開が本来の活性化でしょうか。

ふれあい、スキンシップ、交流、の言葉の具体化に取り組んでいた、
福祉関係の方、ボランティアの方もクラスター発生防止の圧力に、活動自粛の体。
我田引水と自主退院、の強引さを見本にするわけにはいかないが、
”過ぎたるは、尚及ばざるが・・・”の答えが、早く欲しいな・・・!

2020年8月
夏休み・お盆休みを9日から16日。おまけで7,8日前倒しで帰省しました。
常磐道、東北道経由610キロのロングドライブでしたが、
休憩3回宮城、岩手の制限120キロ区間も有効にして6:30発で14:00着
給油無しこれまで40余回の最短時間。
車両数の少なさ、観光客無しの異様さ、県外ナンバーのチェックは受けませんでしたが、
地元ナンバー他は本当に希少。帰ってみれば、マスク必着の注意喚起。
地方社会の閉鎖性と、村社会の実態を見せ付けられると共に、
コロナ禍による『連帯と、疎外』という集団社会の発生要件を想起させられました。

2020.8.30

2020年7月
月が替わって暫く夏入り。
台風までも月替わりを待っていたようで。
7月当初は、寒くて雨も無く畑の伸びもいまいちだったが、
居座り前線で長雨洪水が頻発。
列島が水難の相に見舞われた7月。

コロナの輩はどうも浮かれ者が好きなようで、
陽気な酒場や、お喋り仲間を媒介に勢力を伸ばしているみたい。
ついには岩手県も罹患者発生。
年忌の為に帰省の予定でいるが、岩手県はガソリン補給圏内で
休憩も憚られるかと危惧していたが、持ち込み一号を免れた想いでちょっと安堵。

学校の夏休みも遅れてしかも短縮されて、孫たちの焼香も適わぬお盆となりました。
祭りも無く、お盆も無し、地域文化、人の交流、伝統承継を如何にして語り継ぐか。

今まさに飲みにケーションの機会を無くしてはいけない。
胸襟開いて、甲論乙駁、老若男女、コロナに対応、
根絶目指して今後の未来を語りましょう。
新松戸未来作文、文集も皆さんのご協力頂き無事刊行なりました。
ありがとうございました。

2020年6月
パンデミック・ロックダウン・アラート等々、外来用語で席巻された情報社会。
緊急事態宣言も解除されて、人の移動制限や業種、時間、曜日、
地域間移動も緩和されつつある。

3密回避、マスクに衝立面談規制は、情報産業しかも現地現物商売の不動産業には、
致命的な状況か?情報新時代の最先端にある不動産業も、プロが伝えて、
プロが読み解く情報のIT化はともかく、エンドユーザーがIT情報を鵜呑みにして、
情報通を気取ってモノを見ずに走るのは要注意。

プロが仕掛ける、上乗せプレミアム的に盛られた情報は、
この時とばかりに乗じて流されてきた歴史がショック後の相場。

もっと現物の自然環境(地形、地勢、地歴)社会環境(隣人、行政、都市計画)等々、
見回して生の情報を、肌身に感じて欲しいな・・と思う老爺になりました。

コロナからの経済立ち直りは、何処から始まり、どこへ向かって進むのか。
無観客試合の野球や、ゴルフ、競馬とスポーツは対応するが、
祭りはだめよ、神輿はだめよとは、神様も市中巡視が出来兼ねると。
オリンピックの準備がきっかけになるか、
甲子園が呼び水か、何かおめでたが起きるのか。
それは、日本からか、外国からか。選挙の年だから・・・?

2020.6.14

2020年5月
連休明けの自粛緩和ムードも愈々かな?
この間の、医療専門家諸氏の見立てはさておき、政治経済に関する対策見通しは、どうだったか。
評価善悪は、後世の歴史家の論証に任すとして、無責任な論評言動が多いような気がする。
TV子で育った小生に映る、各局のワイドショーのコメンテーター(芸能人?)中心の報道姿勢は
如何なものかと思っていたら、検察定年延長問題の当事者が麻雀騒動。

昔から、政治屋さんが情報集めでブンヤさんとの麻雀は有効(友好)、の噂はあったが、
図らずも持ちつ持たれつが白日の下に。

それにつけても、経済活動停止の号令は(自粛の下)、過ぎたるは及ばず。
コロナのワクチン出来ても、世界に行きわたって退治できるには最低5年はかかるだろうとは、
防疫学の専門家の談。
これまでの感染症の経過と違うのは、情報がリアル、即日に伝搬して、人の移動が地球規模で、
短時間だという事だそう。

習近平もトランプも、コロナの危機を自身の保身の種にしようと躍起だが、
情報世界の現実はリアルに対応していく。
神様から見たら、核の次がコロナ、その次は・・・。と安倍さんも、日本の立て直しの絶好の機会と、
保身でなく、世界の中の日本、アジアを見据えた経済対策を掲げて欲しいな。
人とモノの移動(交流)が経済の始まりであろう。

2020.5.21

2020年4月
コロナの正体が、よく解らぬままに年度末を越え桜も散って、早ゴールデンウィーク目前です。
卒業、進学進級、就職等の人生の節目のセレモニーは一切無し。
学校来るな、仕事は自宅テレワークと、非常事態宣言発令は戦後生まれの小生初体験の事態。

令和の時代が平成の時代の悪弊(政治、経済、文化、国際関係など)を吹き払って、
協調、思いやり、譲り合いで、穏やかで、緩やかな地球社会、になるための方策の様な気もする・・・・。

なれど、感染経路不明、営業自粛、休業補償金、生活補助金交付を取り上げる報道姿勢は、
もう少し自重(自粛でなく)し、冷静であったほうがよろしいのでは?

まして今は、ネット社会で有象無象の書き込みが、一瞬のうちに拡散している社会。
何はともあれ、新たな社会の始まりと心得、
世界の歯車が回りだす準備を怠りなく、見直す時期であろうか。

因みに、新松戸未来作文に寄せられたキーワードは、笑顔の街、触れ合いの場、
思いやりあふれ清潔な街等の、人と人との交流をテーマに取り上げた作品が多かった。
未来の街づくりの方向が見えるようです。

2020.4.16

2020年2月
コロナ、花見会、ゴーン・・・マスコミの話題が、連日繰り返している間に早二月の声。
一日の温度差が10度に及ぶ日々の一月も、あっという間でした。

節分目前に最後の新年会での、挨拶のテーマを何にしようか思案中です。
商業者代表として地域商業の事案にするか、生活者として日頃の話題にするか、
地域未来の夢を語るか、世代継承の転機を迎えて明るい話にしようかな。

IT、キャッシュレス、モノからコトへ。
情報伝達、処理、保管の技術進展につれて、産業構造は言うに及ばず、
人と人の出会いから、別れまでが顔を合わすことなく済ます時代になった?
がしかし、情報管理者の意図するものが、営利優先、情報操作の上の独占の気配がする。
ネット化がもたらした物の移動、人の移動の効率化の進展が、
分か・伝統の継承にとって及ぼす影響や如何に。

新型コロナどころではないような気がする。

2020年2月1日

2020年1月
新年明けましておめでとうございます。
令和の新年、今年も宜しくお付き合いください。

新年2日に一般参賀に行って来ました。
大勢の人混みの中、携帯をかざす腕の合間に何とか両陛下のお姿を拝して来ました。
万歳の挙手より多かったかな、携帯の数が?

お天気は風なく穏やか、富士山もバッチリだったとか。
お言葉は、災害のない穏やかな世界であれとの祈り、そして復興の上のオリンピックであれ、
との思いと受け取った。

年をまたいでのIR報道。
インバウンドの賑わい欲しさのギャンブル推奨。日本国のマナーやルール遵守を言っても、
現時点では誰も保証するものなし。
兜町の出来高よりも、ネット取引が主流の時代に、旧来の博打場が如何にスマートに化けても、
違和感があるのは小生だけか?

資本主義経済が崩壊し、儲け主義一辺倒。
儲かる会社を乗っ取るだけで、人にも、物にも、機械にも投資しないし、育てない。
見切り千両と、首を切る、工場を売る。これはと見たものは横取りする。
日本人が得意とした、汗水流して工夫して、人を育てて、客を育てて儲けは後からついて来る等の、
老舗の経済学は、とっくの昔に消えたのか。格差社会の反目は、地球規模に拡大中。

初夢が皆の、ハッピードリームになるように!

R2・1・6

2019年12月
秋が無く、突然冬になったような陽気の12月。朝の霜がフロントに着くようになりました。
路樹の落葉も鋪道に積もる歳末。
カレンダーが届き、年明けのスケジュールを気にする時節です。

大災害に備えての仮想映像番組が話題となる今日、
現実は地域社会の情報伝達が公的機関の災害放送や、
ネットを通じたホームページへのアクセスを主体としているように見えるのはなぜだろうか。
地域の目、共同社会(隣近所の)の相互扶助の視点、
助け合いの中での情報伝達を重視したいと思う。

公的機関は、個人情報保護重視の観点からか、
公平性を優先した情報の選択、伝達が中心となるのか、
近所の声掛けや、協働作業(避難活動等)の呼びかけには視点が向いていないようです。
報道機関にも同様の扱いが見えるような気がするのは私だけかな…。

まさかの時に頼りになるのは、近くの他人、とは昔からの言い伝えで、
普段の付き合いを大切にという、思いやり心であったのかと。
近所の付き合い、地域のまとまり、安全、安心の基本かな?
残り少ない令和元年、オリンピックの年に向けて、積み残しの無い様に心して参りましょうか。
                  
2019/12/9

2019年11月
台風、大雨、土砂崩れの10月は、最後に首里城の大火災。
火攻め、水攻めの日本列島何処へ行く。
被災者の方々にはお見舞い申し上げる外なく、片付けのボランテアにも行けず情けなく思います。
何はともあれ、復興の早からん事をお祈りします。

新松戸も近年経験したことの無い、集中豪雨の嵐でした。
避難所設営のアナウンスが残念ながら聞き取りにくい状態でも、
幸いにも特別な被害もなく他所から頂くお見舞い電話に恐縮しきり。
然しながら、明日は我が身、備えは十分か?
今回は、八ッ場ダムの試験灌水、渡良瀬遊水の整備と、春日部地下貯水槽の稼働が間に合った、
という偶然の賜物。利根川の水位計も後1mの限界だったそう。

地球温暖化による気候変動の現れと覚悟し、例年の観測結果にこだわることなく、
新たな対策に取り組むべきであろうか。
自然が転換期であるように、経済理論や文化論、政治、国際関係までが転換期に入ったように見える。

株主優先、売り上げ至上主義経営の破綻が叫ばれるようになる一方で、
新松戸を取り巻く商業環境は、大型店の新規開業と消費税対応で売り上げ減少のダブルパンチ。
いかに消費者と向き合うか、サービスの見直し、お客の囲い込み、何が良いのか転換期です。

                 2019/11/03

2019年6月
カラ梅雨気味の、寒暖差の激しい天気の6月も、
熱帯低気圧の発生に、遅れていた北九州の入梅宣言。
雨不足の野山に良い塩梅の降雨を期待したい所です。

第33回新松戸まつりも、あと2週間余りとなりました。
令和の時代の幕開け。
平成時代の結晶であり、新松戸第1世代の申し子たちが、
各所で引き継ぎつつある33年目の節目です。
孫たちが、懐かしがってくれると良いですが・・・。

G20の成果や如何に。
台風の中の召集にメンバーこぼれずに参集できるかな?
中身は期待はずれが多そうで、そのまま焦点ボケたままで参議院選挙に突入したら、
争点ボケで投票率の低下は間違い無いかな?その結果は・・・?
消費税アップで景気低迷の予想だけが確定しているとは情けない。
日本活発化による上昇景気の波よ起これ、と願いつつ。
ことしも早、半年経つのだなぁ!

令和元年6月27日

2019年5月
ゴールデンウィークに入って、街中の人の出や如何に?
海外への出国数は2割増し。入りの数も増加とか。国内移動はそこそこ。
10月消費税率アップの準備の腹積もりは、消費性向節約モードにシフトしがちになりそう。

改元目前、便乗商法もこれからか?
10連休の銀行窓口の影響は、キャッシュレス化に拍車をかけるのかな?
混沌の時代の始まりなのか、はたまた個性(自己主張)の時代から忖度(思いやり)の時代への移行なのか。

平成から令和。
平らかに成る為の方策では、目標値を上に設定するか、満遍なく配ることに注力するかで違う施策になるのが常。
親しく、優しく仲睦まじく穏かな時代になるには、もう一息アバキの時が必要なのかな?
内外共に、自己主張の時代から、思いやりの時代への移行期になる令和であって欲しいなぁ・・・。

平成31年4月30日

2019年4月
開花宣言発令なって、新しき世界に飛び出す新人さんも、いよいよ船出の季節。
年度も変われば、老兵も心機一転再度スタート台に立って新人気分になりましょう。
暦も変わり仕組みも変わるかこの年の春。
スポーツ界は早々に交代宣言でオリンピックに臨むとの決意。
ここまで書いて3月をまたいで4月になってしまいました。

令和の元号発表に、『昭和は遠く成りにけり』との思いでいる後期高齢者の先輩諸君。
平成生まれも30で人の親。
インターネットの繋がりの危うさを、あんたーネットで裏付けを取るしたたかさを論じる我は団塊世代。
平成文化は何だったか、令和の世相はどこを目指すか?
闇夜で無いことは確かなようだ。

まずは近隣融和、空いてを尊重し協調して解決に向う、とは英国女王のご託宣だそうな。
桜は散り始め最高の桜祭りの陽気。
明日は県議会選挙投票日

2019.4.6

2019年2月
変の年とは聞いていたものの、トランプ、イギリス、ドイツ、フランス、EUヨーロッパと続いてロシアに、
朝鮮、中国までが日本降伏、平和条約締結の前提の解釈まで変えて、自分ファーストの主張。
大統領、首相、議長と肩書き違えど、国の代表としての矜持もなく、相手国への忖度どころか・・・。

宇宙の果てまで飛んだはやぶさ2の時代に、いまだ地球温暖化という生命体の存亡に関わりながら、
息している母なる大地に群がる寄生虫のような人間のリーダーたちが、
我がまま放題、し放題に振舞う今日。如何程に対処したらよいものやら。
3.11が近づく間も無く厚真町で又震度6の大揺れ。
飛行機落ちる、地は揺れる。山も燃えれば、鯨も揚がる。
明日は我が身と身を清めよう。

2019.2/22

2019年1月
新年おめでとう御座います。
昨年は私事では、11月長姉が他界、喪中なのですが、天寿全うかと賀状は発送。
故人も承服の事と勝手に出しました。 

2日の参賀も予定通りで、宮城にあふれる人並みに感心してまいりました。
5日は、おおたかの森の特設リンクに無良崇人のデモ演技を見に出かけました。
17年振りの再会に成長振りを確認し、今後のフィギュアー会の発展に寄与できるよう声掛けして来ました。

新年は、百田氏の「日本国紀」副読本を読みつつ、半島の歴史認識の違いに、
日本の立ち位置を確固にしなくては、との思いを強くしております。

今年の初夢は、新松戸に快速が止まって様変わりの街並みでした。
街が開いて40年。
50年に向って今こそ動こうと気合を入れております。
今年もよろしくお願いします。
                      2019・01・13

2018年12月
師走の街に、今年もイルミネーションを点しています。
アーケードも、モールも無い新松戸の商店の存在をアピールしよう、
ついでに庭先も賑やかにしようと始めて15年。
街を回遊してもらおうと、コンテストや、スタンプラリー、コンサートに抽選会、
食べ歩きに鍋比べ等、多彩に盛り上げの仕組みを仕掛けてきましたが、
今年は当時のラリーマップを手にした世代の、いまの若きパパたちに
チョイ飲みバルでのはしごを提案。

イルミネーションは、豆球白熱の時代からLEDも青、ゴールド、白、赤、ピンクに緑 etc.
年々種類を増して、点滅パターンも、ツララにナイアガラ、フラッシュ、チューブ etc.

イベント案内には、期間と場所と電球数の記載が必須と。
地域の町会、自治会、マンション管理組合が年末行事として取り組むイベントに、玉数勝負は論外と。
また全国でこのような街ぐるみの催しは無いよう。

商店の点灯数が減っているのは残念ですが、大学キャンパスも復活して、親水テラスのともし火、
星空バルが今後の新松戸活性化の火付け役となるよう祈っています。

平成30年12月14日

   COPYRIGHT(C)2008 不動産 賃貸 松戸市 センチュリーホームサービス ALL RIGHTS RESERVED.
Catch: Mon Aug 2 07:17:48 2021
[jcode.pl:684:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 684.
[jcode.pl:684:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)
[jcode.pl:693:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 693.
[jcode.pl:693:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)

siteup.cgi with Perl 5.016003 for linux